読書会

「欧米の見果てぬ夢」の先にあるもの/太平洋戦争の意義を問い直す

一覧へ戻る

「欧米の見果てぬ夢」の先にあるもの/太平洋戦争の意...の感想・レビューを書く

投稿する

書き込みを行なうにはログインしてください

「欧米の見果てぬ夢」の先にあるもの/太平洋戦争の意...の感想・レビュー

読書会 管理人

内容紹介

太平洋戦争を経験した人々を含め、昨今、多くの日本人が、太平洋戦争の原因の多くは、欧米ではなく、むしろ日本の側にあると考え、信じ込んでいるように見受けられる。本書は、こうした見解に、真っ向から異を唱えると共に、資本主義の在り様を通して、戦争の本質に迫り、戦争の悲劇を二度と繰り返さない様にとの著者の願いを、出来るだけ平易に、これまでの歴史を通して語りかける形で、まとめたものである。同時に、最近、話題となっている「歴史認識」と言う事の意味の理解に資する事を期するものである。

2019年2月8日10:08

返信する

書き込みを行なうにはログインしてください

読書会 管理人

著者:佐々木紘一氏について

1938年:長崎市城山町にて生まれ、幼少期を北海道札幌市で過ごし、小・中・高校時代を、福島県相馬市で過ごす。/1961年:東北大学経済学部卒業、同年、丸紅飯田(株)に入社。/1994年:同社を退社。これ迄の約33年間、繊維部門と鉄鋼部門の営業に従事。/この間、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、インド、イランでの約10年の駐在を含め/中東地域を中心に活動。その他、同社に勤務中には、途上国を中心に、70数か国を訪問。/1994年~:ジェトロ(JETRO)認定貿易アドヴァイザーとして活動/1996年:青山学院大学・大学院・国際政治経済学研究科に入学。/1997年:国連開発計画(UNDP)のモンゴル事務所に、ボランテイア上席顧問として、1年間勤務・外国直接投資関連業務に従事。/1999年:青山学院大学・大学院。修士課程を修了。/1999年:国連短期専門家派遣機構(UNISTAR)の要請で、グルジア共和国の投資局の貿易アドヴァイザーとして、1ケ月ほど現地指導に当たる。/2000年:NGO・国際ボランテイアネットワーク(略称、イヴの会)を立ち上げ、主に、バングラデッシュのヒ素汚染水対策に当たると同時に、同国ケシャプール地区の不可触民の孤児院の自立支援と学業支援の活動に従事。/2003年~2009年:高校生を中心に若い人をバングラデシュに同行し、その経緯を、毎年「バングラデシュ視察研修旅行報告書」と言う形で、冊子として刊行。

2019年2月8日10:07

返信する

書き込みを行なうにはログインしてください

読書会 管理人

「『欧米の見果てぬ夢』の先にあるもの」の読書会をオープンしました。

2019年2月8日10:03

返信する

書き込みを行なうにはログインしてください